東京流通センター 倉庫点検 ドローンで素早く

東京流通センター 倉庫点検 ドローンで素早く

三菱地所子会社で物流施設運営の東京流通センター(東京・大田)は、ドローン(小型無人機)開発のアイ・ロボティクス(東京・新宿)と協業すると発表した。自動倉庫の法定点検など現在、人間が実施している作業をドローンに代替し、倉庫管理を効率化できないか探る。点検の所要時間を短縮して倉庫の稼働時間を延ばし、競争力を高める。

5G・ドローン 安保前面に 新法案を閣議決定 政府は18日、次世代通信規格「5G」の普及に向けた新法案を閣議決定した。情報漏洩の防止などで...

倉庫運営については、台風をめぐって運営業者と荷主の間で利益相反が起きることがある。運営会社が風雨の影響を点検して安全を確認したいのに対し、荷主は一刻も早く倉庫を動かして荷物を配送したいためだ。ドローンで人間が簡単に確認できない高所や狭い場所を迅速に点検できれば、安全確保と荷主の利益を両立しやすくなる可能性もある。

ドローンID発信義務化 政府未登録機 判別可能に 政府は日本国内を飛ぶドローン(小型無人機)に事前登録した識別番号(ID)発信を義務付ける...

東京流通センターは、大田区平和島にある物流施設で、アイ・ロボティクスの数台のドローンを使った実証実験をこのほど開始した。約1年間、実験を続けて倉庫管理のノウハウを蓄積し、実用化につなげたい考えだ。人手不足のなか倉庫管理の省力化を迫られているという事情も透ける。
三菱地所は2017年度に有望なスタートアップからビジネスプランを募る取り組みを始め、18年度にアイ・ロボティクスを表彰した。三菱地所は表彰したスタートアップと連携を積極的に進めており、倉庫管理の効率アップもその一環になる。

ドローン検定 過去問 模擬試験 皆さんはドローンについての知識をどの程度お持ちでしょうか? 私もインターネットや書籍で勉...


ドローン関連情報

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

<ドローン検定3級・4級テキスト>

<ドローン検定2級テキスト>

<2020年ベストバイドローン・tello>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。