ドローン「空の道」整備 上空利用権シェア

ドローン「空の道」整備 上空利用権シェア

次世代の宅配サービスを担う存在としてドローン(小型無人機)が存在感を高めている。トルビズオン(福岡市)は上空の利用権を土地所有者とドローンを飛ばしたい人が貸し借りできるサービス「sora:share(ソラシェア)」を展開する。増本衛最高経営責任者(CEO)はクルマと同じようにドローンにも「空の道」を作りたいと構想を描く。

ドローン検定 過去問 模擬試験 皆さんはドローンについての知識をどの程度お持ちでしょうか? 私もインターネットや書籍で勉...

「福岡市から山口県下関市、そして茨城県つくば市へ。その次は神戸市にも。地域ごとに違う課題をドローンで解決できないか探っている」。

増本CEOは自治体と共同で実施するドローン実験のために日本全国を飛び回っている。昨年は東京にも拠点を設け、福岡と頻繁に行き来するようになった。

トルビズオンが脚光を浴びたのは2019年5月に福岡市などと取り組んだドローン配送実験だ。九州大学箱崎キャンパス跡地で、自動運転のドローンが約1キログラムの荷物を持ち上げ、約200メートル運んだ。

トルビズオンは福岡市と調整し、飛行ルートを設定、携帯電話など様々な電波の干渉が懸念されていたが、無事に成功した。

ドローン検定 過去問 模擬試験 皆さんはドローンについての知識をどの程度お持ちでしょうか? 私もインターネットや書籍で勉...

19年11月には下関市で買い物代行サービスの実験も行った。ドローンが私有林の上空を飛んで食料品を山間部に届けたが、この際の飛行許可などもトルビズオンが地権者と交渉して取得している。
旧日本テレコム(現ソフトバンクモバイル)で働いていた増本CEOがトルビズオンを創業したのは14年。

当初は空撮サービスの提供や操縦教室を開いていたが「毎回、土地所有者から飛行許可をもらうのに苦戦していた」。

面倒な許可取得を代行するサービスがあれば便利なはず、との思いからソラシェアのアイデアにたどり着いた。

ソラシェアは都度利用と、月額3000円で「飛ばし放題」になる定額制の2つの料金プランで提供している。

料金の3割を手数料として受け取り、7割は地権者に支払う仕組みだ。損害保険ジャパン日本興亜と組み、操縦ミスなどによるドローン落下事故を補償する保険も用意した。

会員は愛好家を中心に350人程度だが「将来は物流や小売りなど企業の利用を見込んでいる」という。

ドローン検定 過去問 模擬試験 皆さんはドローンについての知識をどの程度お持ちでしょうか? 私もインターネットや書籍で勉...

空の道を構築する作業はまだ緒に就いたばかりだが「鉄道や高速道路と同じ。今すぐもうかるというビジネスではない」と、増本CEOに焦りはない。

地道に地権者や協力企業を発掘し「空のグーグル、アマゾンを目指す」と意気込む。


ドローン関連情報

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

<ドローン検定3級・4級テキスト>

<ドローン検定2級テキスト>

<2020年ベストバイドローン・tello>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。