五輪にドローン検知器 警視庁 都内全会場に配備へ

五輪にドローン検知器 警視庁 都内全会場に配備へ

今夏開催の東京五輪・パラリンピックで、警視庁が東京都内の全競技会場でドローン(小型無人機)を検知する機器の配備を検討していることが8日、分かった。

不審なドローンの位置をいち早く把握して確実な捕獲につなげ、会場周辺を標的とするテロや妨害行為を防ぐ。

ドローン検定 過去問 模擬試験 皆さんはドローンについての知識をどの程度お持ちでしょうか? 私もインターネットや書籍で勉...

検知器は、飛行中のドローンが出す電波を受信するなどして、機体の詳細な位置や高度などを特定できる。

既に都内での警備に使用されているが、配備台数を増やし、競技中の全会場で使えるようにする方針。

民間警備会社などは半径数百メートルから1キロ以上の範囲をカバーできる機器を開発しており、同程度の性能を持たせるとみられる。

2019年5月に成立した改正ドローン規制法で、新たに五輪の競技会場がドローンの飛行を原則禁止する区域に含まれた。

都内ではメイン会場となる国立競技場(新宿区)など競技が行われる24カ所が対象で、無許可で飛行したドローンは警察官などが強制的に回収できる。

機体を見つけた場合、既に導入している電波を使って操縦不能にするジャミング(電波妨害)装置や捕獲用の大型ドローン、網を打ち上げて絡め取る「ネット発射装置」などを使って捕らえる考えだ。

ドローン検定 過去問 模擬試験 皆さんはドローンについての知識をどの程度お持ちでしょうか? 私もインターネットや書籍で勉...


ドローン関連情報

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

<ドローン検定3級・4級テキスト>

<ドローン検定2級テキスト>

<2020年ベストバイドローン・tello>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。