ドローン活用、自治体拡大、横須賀市、下水道点検へ実験――トラブル多発、住民から不安も。

ドローンはさまざまな活用が期待される一方で、公共施設への落下や侵入、人身事故も多く、問題視されている。17年には岐阜県大垣市でお菓子を空中からまいていたドローンが落下し6人がけがをした。国土交通省に報告があった事故トラブル数は16年度から今年6月までで130件。同省は改正航空法で住宅街など人口密集地や空港などで飛行を規制している。
昨年12月にドローンを導入した逗子市消防本部は「周辺住民からは不安の声もある。有効活用できるという周知が重要だ」と指摘する。市は海開きの際にドローンを用いた水難事故救助のデモンストレーションを披露するなど、住民に活用を理解してもらえるよう取り組んでいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。