LINEなど ドローンでアワビ空輸

LINEなど ドローンでアワビ空輸

ANAホールディングス(HD)やLINE Fukuoka(福岡市)などは玄界島で収穫したアワビとサザエを福岡市内のバーベキュー場など2カ所にドローン(小型無人機)で空輸する実験を実施した。2機を同時に異なる行き先に向けて飛ばし、いずれも成功した。補助者がいない「目視外飛行」で複数機を管理する飛行実験は日本初だという。
1日に実施した。LINEアプリでの注文を受けてアワビ1個とサザエ5個を入れた箱を玄界島でドローンに搭載。60メートルの高さまで上昇したのちに水平移動で飛行し、飲食店の活魚茶屋ざうお本店のバーベキュー場と能古島キャンプ村に設置したQRコードを示すシートの上にそれぞれ着陸した。
参加したのは2社に加えてドローン製造の自律制御システム研究所(千葉市)とNTTドコモ、ウェザーニューズで、福岡市も協力した。

ドローン模擬試験はこちら(リンク)

ドローン検定の模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。