ドローンで鉄道施設点検 JR九州とA.L.I.

ドローンで鉄道施設点検 JR九州とA.L.I.

ドローン(小型無人機)などを開発するスタートアップのA.L.I.テクノロジーズ(東京・港)はJR九州と組み、ドローンを使って鉄道施設を点検する技術を開発した。
遠隔点検で作業の効率を高めるとともに作業員の安全を確保して、これから一段と進む施設の老朽化や技術者不足に対応する狙いがある。
ドローンがカメラで撮影した映像を解析して橋梁や線路を点検したり、線路付近で倒木の恐れがある枯れ木を早期に発見したりする手法を開発した。
技術の精度を高め、数年以内にJR九州の施設点検にドローンを導入することを目指す。
A.L.I.は三菱日立パワーシステムズと発電所設備を点検するドローンの開発に取り組むなど、インフラ点検用のドローン開発に力を入れている。

ドローン模擬試験はこちら(リンク)

ドローン検定の模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。