NTTドコモ、ドローンを用いた放牧業務の効率化に向けた実証実験を開始

NTTドコモ、ドローンを用いた放牧業務の効率化に向けた実証実験を開始

発表日:2019年7月31日
北海道初!ドローンを用いた放牧業務の効率化に向けた実証実験を開始
ドローンにより牛追い・遠隔施設監視などの遠隔監視が可能に~

株式会社NTTドコモ北海道支社(以下、ドコモ)は、北海道天塩郡豊富町(以下、豊富町)にある株式会社豊富町振興公社と連携し、牛の放牧業務の効率化を目的に、豊富町 町営大規模草地牧場の一部においてLTEネットワークのエリア化を行い、ドコモが開発するドローン農作業管理システムによりドローンを用いた放牧業務の実証実験(以下、本実証実験)を2019年7月31日(水)より開始いたします。

本実証実験では、牧場内における牛追い(※)や牧場内の施設点検において、画像や動画をクラウド上にデータで蓄積することで、従来、人手、自動車を用いて行っていた業務を効率化できるか検証します。

これまで豊富町 町営大規模草地牧場では、放牧業務の効率化において、様々な検討を重ねていましたが、機器の導入費用や通信ネットワークの届きにくいエリアなどの課題があり、広大な敷地面積において牛の育成を人の手を介して行っておりました。

本実証実験では、ドローンより警報音を出し、その音をきっかけに牛を柵内に移動させることを検証します。また施設点検では、あらかじめドローンに登録した牧柵や水飲み場などのエリアにおいて、GPSを活用してドローンが自動で飛行し、搭載したカメラにより写真、動画を撮影し、操縦者が離れた場所から短時間で確認できるかを検証します。さらに撮影した写真、動画を自動でクラウド上にアップロードすることで、撮影した内容で施設内の環境変化を把握できるかや、作業員の移動などの効率化についても検証します。

これまで牛追いや牧場内の施設管理の業務には約4時間を要しておりましたが、本実証実験ではドローンを用いることで業務時間を半分以下にすることが期待できます。

今後ドコモは、本実証実験を通じて一次産業における各地域の課題解決をめざし、さらなる地方創生に取り組んでまいります。

※牧場では、定期的に牛の健康管理等を行うため、牧場施設内の指定場所へ放牧中の牛を誘導する必要があり、その作業を牛追いと呼称します。

ドローン模擬試験はこちら(リンク)

ドローン検定の模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。