産業ドローンの保険、業界団体など、安全認定を条件に。

産業ドローンの保険、業界団体など、安全認定を条件に。

ドローン(小型無人機)などのメーカーで構成する日本産業用無人航空機工業会(JUAV)と損害保険ジャパン日本興亜は23日、産業用ドローン向けの国内初の保険制度を創設すると発表した。

JUAVの安全基準を満たす型式認定を受けたドローンに対し、自動的に保険が適用される。加入漏れを防ぎ、安心・安全な産業用ドローンの普及につなげる。

損害保険ジャパン日本興亜はJUAVと連携して型式認定を受けた産業用ドローンの購入や定期点検時に賠償責任保険を自動的に付与する。

個別の加入手続きは不要で保険料は点検費用の一部などでまかなう。
ドローンによる事故で他人にけがを負わせたり、他人の財物を壊したりした際に保険金が支給される。

JUAVはヤマハ発動機などの国内メーカーで構成し、中国のドローンメーカーも加入を検討している。

1月に策定したドローンの安全基準に沿って、複数の産業用ドローンが型式認定の作業に入っている。

年内にも最初のドローンが認定を受ける見込み。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。