エアロジーラボ 3時間飛行ドローン実用化へ

エアロジーラボ 3時間飛行ドローン実用化へ

ドローン(小型無人機)開発のエアロジーラボ(大阪府箕面市)は最大3時間飛べるドローンの実用化を進める。関西テレビ放送(大阪市)やテレビ新広島(広島市)などから1億2000万円を調達した。エアロジーラボはバッテリーとガソリンエンジンを併用するハイブリッド型ドローンを手がけており、調達資金は研究開発に充てる。
関西テレビ放送やテレビ新広島のほか番組制作会社のTSSプロダクション(広島市)が第三者割当増資を引き受けた。エアロジーラボはドローンで空撮する映像の制作や、機体の販売で出資元と協力していく。
同社が開発するドローンはガソリンエンジンを主な動力源で、補助にバッテリーを使う。

ドローン模擬試験はこちら(リンク)

ドローン検定の模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。