ドローンを用いた鉄道施設点検ソリューションを開発

ドローンを用いた鉄道施設点検ソリューションを開発

発表日:2019年7月12日
九州旅客鉄道株式会社、株式会社 A.L.I.Technologies 共同によるドローンを用いた鉄道施設点検ソリューションの開発

九州旅客鉄道株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長執行役員 青柳俊彦、以下「JR九州」)と株式会社 A.L.I.Technologies(本社:東京都港区、代表取締役 片野大輔、以下「A.L.I.」)は、両者の共同により、無人航空機(ドローン)や AI を用いた鉄道施設の点検ソリューションを開発したことをお知らせいたします。

JR 九州と A.L.I.は、将来的な労働力不足やインフラの老朽化、自然災害の対応といった社会的な課題の解決に向け、2017 年より、ドローンや AI などを活用し、より安全かつ効率的な鉄道施設の点検を可能とするソリューションの開発や実験に取り組んでまいりました。

今回のソリューションは、A.L.I.が所有する、「空のインフラ」に関する特許群と技術をベースに、JR 九州の鉄道施設における画像解析を活用した調査や点検、枯れ木の早期発見技術等を融合させることで、鉄道施設点検の効率化・高度化を実現することを目的としています。各々の技術をベースに、点検の効率化・高度化に加えて、安全管理等の各種オペレーションの改善へ向けた共同開発に取り組んでおり、今後数年内の運用開始を目指しています。

JR 九州と A.L.I.は、共同開発を通じて、より安全かつ効率的な鉄道運営を実現するとともに、今後もドローン、AI などの先端技術を活用した新たなソリューションの開発について取り組んでまいります。

ドローン模擬試験はこちら(リンク)

ドローン検定の模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。