ドローンのACSL リバネスと提携

ドローンのACSL リバネスと提携

産業用ドローン(小型無人機)開発の自律制御システム研究所(ACSL)は5日、シンガポールでの事業展開に向けてスタートアップ支援のリバネス(東京・新宿)と提携したと発表した。
日本製ドローンをシンガポールに売り込む方針を持っており、現地での顧客開拓や将来の拠点開設でリバネスの支援を得る。
リバネスがシンガポールに持つオフィススペースを活動拠点としてACSLに貸し出し、現地での事業運営に必要なノウハウなども提供する。人材の採用でも連携する。
シンガポールではインフラ点検や倉庫の在庫確認などにドローンを活用できるとみている。ACSLは2019年度内に現地企業向けに機体の販売を始める計画だ。リバネスの支援を受けることで、海外事業の円滑な滑り出しを目指す。
リバネスは主にものづくり系スタートアップの事業を後押ししている。10年には現地法人の「リバネスシンガポール」を設立し、同国内でのスタートアップ育成や日本の新興企業の東南アジア進出支援などにあたっている。

ドローン模擬試験はこちら(リンク)

ドローン検定の模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。