福岡市でドローン自動配送

福岡市でドローン自動配送

ドローン(小型無人機)ベンチャーのトルビズオン(福岡市)や福岡市が九州大学箱崎キャンパス跡地(福岡市東区)でドローンを使った配送実験を実施した。福岡市は箱崎キャンパス跡地でIT(情報技術)を活用した「スマートシティ」構想を掲げており、ドローンを使った配送の実用化を目指す。
実験は旧九大工学部本館の建物前からドローンが飛び立ち、建物の角を曲がって目的場所に1キログラム弱の荷物を届けるという内容で、全て自動運転で実施した。都市部は携帯電話や無線通信「Wi―Fi」などの様々な電波が飛び交う。
飛行時の電波干渉が懸念されていたが、ドローンは離陸してすぐ30メートルほどの高さに上昇、水平飛行で約200メートルを移動して無事に着陸した。
実験では操縦者が肉眼でドローンを確認しないまま操縦する「目視外」飛行を実証した。
ANAホールディングスなどは博多湾で飛行実験を実施しているが、日本の都市部でできる場所はなかなかないという。ドローンを開発した自律制御システム研究所や、ドローンを離陸地点まで輸送する配送ロボットを開発したセイノーホールディングスも参加した。

ドローン模擬試験はこちら(リンク)

ドローン検定の模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。