日本版GPSで農業スマート化 ドローンで肥料

日本版GPSで農業スマート化 ドローンで肥料

NTTなどは18日、日本版全地球測位システム(GPS)の準天頂衛星を使い農作業を効率化する実証実験に乗り出すと発表した。ドローン(小型無人機)と人工知能(AI)を組み合わせ、追加肥料や農薬をまく時期や場所を自動で判断し散布作業を無人化する。
実証実験は福島県南相馬市で実施する。8ヘクタールの農地に福島県独自の水稲品種「天のつぶ」を栽培する。4月から2年かけて検証する。NTTデータや日本農薬など15機関が参加する。
昨年11月に本格稼働した準天頂衛星から得られる位置情報とITを組み合わせる。ドローンを誤差1メートルほどの精度で飛行制御して農作物の画像を撮影。AIで画像を分析して生育状況を自動で判断する。害虫や雑草の有無も見極める。
稲の成長が一定段階に達したと判断するとドローンで追加の肥料をまく。農薬も害虫や雑草のいる場所だけまく。その結果、収穫量を30%ほど増やせるとみている。
NTTは今回の技術について2年後メドに事業化を目指す。国内の農家への提供や準天頂衛星の位置情報を受信できる東南アジアなど海外に輸出することも視野に入れている。

ドローン模擬試験

ドローン検定の模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。