建設現場において完全自動運用型ドローンシステム

建設現場において完全自動運用型ドローンシステム

センシンロボティクスは、フジタの建設現場において完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB」を活用した安全確認・警備監視用の実証実験を実施

DaaS型ドローンソリューションによる業務の完全自動化を目指す株式会社センシンロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:間下直晃、以下「センシンロボティクス」)は、株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:奥村洋治、以下「フジタ」)の建設現場において、ドローンを活用した「建設現場における安全確認・警備監視」の実運用に向けた実証実験を行い、完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB(センシン ドローン ハブ)」の有効性を確認いたしました。

【実証実験の目的】
本実証実験では、「SENSYN DRONE HUB」の4つの基本機能である、“ハッチ開閉・自動離発着・自動充電・データ転送”の検証を実施しました。
建設現場では、安全確認・警備監視においてドローン活用による、業務の効率化が期待されています。将来的なドローンの無人運用を目的とし、航空法の目視外飛行に関する各種要件が緩和される事を想定し、「SENSYN DRONE HUB」によるオペレーターを介在しないドローン無人運用の機能を検証しました。

ドローン模擬試験

ドローン検定の模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。