2022年度には農地半分でドローン活用へ 農水省発表

2022年度には農地半分でドローン活用へ 農水省発表

農林水産省は18日、農業分野でのドローン(小型無人機)の普及計画を公表した。

2022年度までに、コメや小麦などの作付面積の半分以上での導入を目指す。

実現に向け、ドローンで散布できる農薬を現在の1・3倍に増やす。

現在、ドローンを使って農薬を散布しているのは全国2万ヘクタールの農地だが、今後100万ヘクタールに拡大することを目指す。

ドローン模擬試験

ドローン検定の模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。