ローソン 宅配ロボでコンビニ商品お届け ドローン

ローソン 宅配ロボでコンビニ商品お届け ドローン

ローソンは13日、コンビニエンスストアの商品を宅配ロボットで自動配送する実験を公開した。自動運転技術開発のZMP(東京・文京)や慶応義塾大学と組んだ。店舗に行かずにコンビニ商品を受け取ることができるサービスとして、実用化に向けた研究を進める。
実験は今年1月21日~1月31日まで慶大の湘南藤沢キャンパス(神奈川県藤沢市)で実施した。利用にはまず専用アプリで商品を注文する。ローソンの販売員が大学構内に展開する移動販売車から商品を選んでZMPの宅配ロボのロッカーに入れると、ロボが自動で走行。利用者が指定した場所まで商品を運ぶ。
受け取りは最短で注文の30分後から可能で、宅配ロボの走行速度は最高で時速6キロメートル。宅配ロボは主に歩道を走行したという。受取時は、注文時に発行されたQRコードを宅配ロボ内蔵のカメラにかざすことでロッカーを解錠する。アプリで登録したクレジットカードで決済する。期間中の利用件数は非公表。
ローソンの牧野国嗣理事執行役員は同日、神奈川県藤沢市で開いた記者会見で「ドライバー不足のなかで公道を無人で走れるようになれば新たな可能性が開ける」と話し、無人配送の実用化に期待感を示した。
同社は2017年に楽天と組んで福島県南相馬市でドローン(小型無人機)を使った商品配送の実験も手掛けた。いずれも実用時期は未定だが、今後も宅配ニーズは高まると見込んで実験を進める考え。

ドローン模擬試験

ドローン検定の模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。