関西電力 京都の架線でドローン活用

関西電力 京都の架線でドローン活用

関西電力は26日、自動運転のドローン(小型無人機)による設備点検を3月に試験導入すると発表した。これまで作業員が操作していた。東芝デジタルソリューションズ(川崎市)、アルプスアルパインと連携して実施する。
京都府内の山間部で試験導入する。鉄塔間に張った複数の架線のうち、アース線の役割を担う架線を対象とする。従来は鉄塔まで移動して点検機材を上げる作業が必要だった。自動運転の点検で人員や所要時間が半減すると見込まれる。岩根茂樹社長は「置き換えられるところは自動運転の点検にしたい」と本格導入への意気込みを語った。

こちらのサイトでドローンの模擬試験が掲載されていました。

ドローン模擬試験

ドローン検定の模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。