イノシシ被害削減へ ドローンで生態調査

イノシシ被害削減へ ドローンで生態調査

茨城県つくば市は筑波山麓(さんろく)で多発するイノシシによる農作物被害を減らすため、小型無人機「ドローン」を使ったイノシシの生態調査に乗り出した。同市生活環境部の担当者は「調査ですぐにイノシシが減ることはないが、生息数や分布域を把握することで、効率的な捕獲につなげたい」と話す。

調査は7~9の3日間実施。ドローンで空撮などを行う水戸市の企業「優和」が無償協力している。赤外線カメラを搭載したドローンを地上150メートルほどに飛ばし、山の中を観察。同市の臼井▽沼田▽国松▽上大島の4地区で、同社の調査員ら6人がイノシシの活動範囲や頭数、ねぐらなどを調べる。

7日は午前10時から調査を開始し、午後11時ごろまでに計約20頭を発見した。同社代表は「とても順調なスタート。継続的な調査でもっと多くのイノシシを見つけたい」と意欲を見せた。

市によると、同市のイノシシによる農業被害額は2016年度が約3087万円、17年度は約3868万円と増加。畑の玉ねぎや芋類が掘り返される一方、イノシシが水田で体を洗うことで米が獣臭くなり、出荷できなくなることもある。

調査結果は3月にある土浦、かすみがうら、石岡の周辺3市とのイノシシ対策合同会議で発表され、対策を図る。

こちらのサイトでドローンの模擬試験が掲載されていました。

ドローン模擬試験

全然わかりません(笑)

勉強しないとダメですね!

ドローン検定いつか受けてみます!模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。