南相馬市 東大 ドローン活用で協定

南相馬市 東大 ドローン活用で協定

福島県南相馬市と東京大学は福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想にからみ、小型無人機「ドローン」に関する産業振興、人材育成に関する連携協定を結んだ。
大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻の土屋武司教授や若手研究員が中心になり、ドローンのプログラミング技術、操縦技術・安全性などの基礎知識、撮影した画像の分析、地域の課題解決策――などを地域の小中学生に教える。
2020年度以降、小学校などでプログラミング教育が必修化される予定。南相馬市と東大は先端技術分野の人材育成を子供の早い段階から福島発で行いたい考えだ。
南相馬市ではドローンをはじめとする新産業の振興とロボット開発の実証拠点「福島ロボットテストフィールド」の整備が進む。市と東大は同フィールドを活用した試みも進める方針で、最先端の技術・知見の集積、発信拠点として地元関係者の期待は高まっている。

こちらのサイトでドローンの模擬試験が掲載されていました。

ドローン模擬試験

全然わかりません(笑)

勉強しないとダメですね!

ドローン検定いつか受けてみます!模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。