スマート農業へ最新技術 肥料散布ドローンなど

スマート農業へ最新技術 肥料散布ドローンなど

住友商事は情報通信技術(ICT)を活用したスマート農業の実現に向けた成果発表会を茨城県筑西市で開いた。同社が出資する技術系企業など3社が田んぼの上から肥料をまくドローン(小型無人機)やセンサーなどの最新技術を紹介した。
農業技術ベンチャーのナイルワークス(東京・渋谷)は、田んぼの上を数センチ単位の精度で自動飛行し、肥料や農薬などを散布するドローンを開発した。カメラで育成状況も監視できる。
農業情報設計社(北海道帯広市)はトラクター向けのカーナビを展示した。地図上の線に合わせて運転すれば広い農地や田んぼの中でも真っすぐ等間隔に作業できる。トラクターをUターンさせたときの肥料のまきすぎや、部分的なまき忘れを防げる。
インターネットイニシアティブ(IIJ)は田んぼの水位や水温を把握する簡易センサーを開発した。

こちらのサイトでドローンの模擬試験が掲載されていました。

ドローン模擬試験

全然わかりません(笑)

勉強しないとダメですね!

ドローン検定いつか受けてみます!模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。