ドローン配送 目視外飛行で 楽天 年内にも開始

ドローン配送 目視外飛行で 楽天 年内にも開始

楽天は25日、東京電力ホールディングス(HD)やゼンリンと協力してドローン(小型無人機)を使う配送の実証実験を埼玉県秩父市で公開した。人の目が届かない山あいの地域を含む約3キロメートルのコースを約10分間、ドローンが自動で飛行した。楽天は2019年4月以降に過疎地などで、ドローンを使った定期的な配送サービスを始める考えだ。
実験は山間部のバーベキュー場に来た消費者から虫よけスプレーやウエットティッシュなどの注文が入ったと想定。楽天のマークが入ったピンクの箱を下げた約1・2メートルのドローンが飛び立ち、東電HDが管轄する送電線に向かって行った。
受け取り地点までの細かい操縦は不要で、操縦者が専用端末にタッチすればドローンが飛行する仕組み。端末の画面では飛行ルートや風速などの情報を得られる。楽天によれば、人の目が届かない範囲にドローンが飛ぶ「目視外飛行」の国内での実証実験は日本郵便に続いて2例目という。
楽天ドローン・UGV事業部の向井秀明ジェネラルマネージャーは「データを得ながら運送の基準をつくる」と述べた。消費者がアプリで商品を注文し、ドローンから荷物を受け取る方式を想定している。

こちらのサイトでドローンの模擬試験が掲載されていました。

ドローン模擬試験

全然わかりません(笑)

勉強しないとダメですね!

ドローン検定いつか受けてみます!模擬試験、過去問、頑張って勉強しましょう!

ブログトップはこちら(トップへ)

※ドローンに関わるニュースを掲載しています

ドローン検定 模擬試験はこちら(外部リンク)

※ドローン検定の模擬試験を体験することができます(無料です)

2019年 おすすめ ドローン のご紹介(外部リンク)

※2019年の最新お勧めドローンが紹介されています。1万円で買えるドローンもありますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。