被災状況をドローンで共有 富士通と仙台市が実証実験

ドローンニュース

こんにちは。

行政と民間が行う実証実験が2018年度は増えてきましたね。

富士通は仙台市でドローンを活用して地震や火災などによる被災状況を即時に共有するシステムの実証実験をすると発表したのをご存知でしょうか?

実証実験の内容は、上空から空撮した写真と位置情報を地図アプリに反映し、現地に行かなくても状況を把握することを可能にできないか?

と言う観点で、取り組まれるようですね。

結果、データを安全に共有することで、複数の企業や自治体で活用できるようにするのが狙いだと思います。

実証実験の実施予定日は仙台市とNTTドコモと共同で、3月19日に実施するそうですね。

実証実験の内容はドローンに装着したスマホで海岸沿いを10カ所撮影すると言う内容になっています。

ドローンは海岸から1キロメートル弱の距離にある震災遺構の仙台市立荒浜小学校から遠隔操作するようです。

撮影した写真はサーバーに送り、地図アプリで複数の端末から見られるようにすることで遠隔地からの情報収集につなげるのが目的です。

富士通がアプリは、ドローンが撮影した位置を地図上に表示することで、クリックすると空撮写真をみることができます。

災害時に危険が伴う被災地に直接行かずに通行できないルートや火災、停電状況を共有することで、早期の情報収集につなげることも想定できますね。

自治体の危機管理部署はどちらかと言うと、現状把握が目的であり、消防局などは早期の人命救助などに力をいれていますよね。

今回面白いのが、仮想通貨で使われるブロックチェーン技術を活用し、データ保存の安全性を高めることも発表しています。

ブロックチェーンについては、金融機関も注目しており、大手銀行も活用を検討しています。

複数の行政機関やインフラ企業などが消防や警察と連携して迅速な復旧ができるようにする取り組みは全国で行われており、とても楽しみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。