ドローン目撃 離陸を一時中止 英ヒースロー空港

ドローン目撃 離陸を一時中止 英ヒースロー空港

欧州最大級のハブ(拠点)空港である英ヒースロー空港で8日、小型無人機ドローンが目撃されたため「予防措置」として、全便の離陸が約1時間にわたって中止された。英メディアが伝えた。警察当局などが詳細を調べている。
BBC放送によると、ヒースロー空港周辺でドローンが目撃されたとの情報が8日夕、警察当局に寄せられた。
英国では2018年12月、ヒースローに次ぐ規模でロンドン近郊にあるガトウィック空港で複数のドローンが目撃され、滑走路が約36時間閉鎖された。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。