DJI ドローン操縦用に超高輝度ディスプレイ内蔵「スマート送信機」

DJI ドローン操縦用に超高輝度ディスプレイ内蔵「スマート送信機」

DJIは、米ラスベガスで開幕した「CES 2019」において、ドローン操縦用のディスプレイ付き「スマート送信機」を発表した。1月8日に、83,700円(税込)で販売予定。

DJIのドローン用送信機は、スマートフォンやタブレットと組み合わせて使用するタイプがメインだが、スマート送信機はディスプレイを内蔵し、スマホやタブレットを使わずに操縦できるのが特徴。

ディスプレイは5.5型で、「通常のスマートフォンの2倍」という1,000cd/m2の超高輝度タイプ。直射日光の下でも最適な視認性を実現したとする。送信機とモバイル端末を接続する手間も省けるため、ドローンを素早く空中に飛行させることができる。

OcuSync 2.0動画伝送システムを採用した「Mavic 2 Zoom」や「Mavic 2 Pro」などと組み合わせると、ドローンからの映像をフルHD解像度で表示できる。Mavic 2 Enterpriseシリーズでも、今後のアップデートで対応予定。

Androidを採用しており、操縦アプリの「DJI GO 4」と「DJI Pilot」(今後のアップデートで対応予定)に対応。編集プログラムなど、サードパーティ製アプリにも対応する。DJI GO 4アプリには、 ドローンカメラの映像をFacebook、InstagramなどのSNSにライブ配信できるSkyTalkを含むいくつかの新機能も搭載する。

さらに、新機能の「DJI GO Share」を使うと、送信機からモバイル端末へ簡単に映像を転送可能。スマート送信機の内蔵バッテリでの稼働時間は2時間半、-20度~40度の厳しい環境下でも動作する性能を備えている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。