ドローンが変える農業 中国は日本の先を行く

ドローンが変える農業 中国は日本の先を行く

かつて中国の農業は、日本より規模が小さく、技術も遅れていると見られてきた。

だが、現実には、ドローンや人工知能(AI)の活用で日本のはるか先を行っている。「儲かる農業」を実現するために中国から学ぶことは多い。

現在中国の農業用ドローンはボタン一つで自動飛行して農薬を散布し、農薬使用量を3割減らせる。

将来的には、上空から種をまいたり、空撮した画像を解析して除草剤や肥料を最適化したりして農業を激変させる可能性を秘める。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。