ドローン妨害で英空港が閉鎖 軍の派遣要請

ドローン妨害で英空港が閉鎖 軍の派遣要請

英ロンドン近郊のガトウィック空港付近で複数のドローンが飛んでいるのが目撃され、19日夜から同空港の滑走路が閉鎖された。ドローンは20日も断続的に見つかり、航空機が離着陸できない状態が続いている。地元警察は「意図的な妨害行為」とみて捜査しているが、操縦者は見つかっていない。英メディアは事態収拾のため、警察が軍に派遣を求めたと報じた。
警察によると、テロとの関連を示す証拠は見つかっていないという。メイ首相は同日の記者会見で「違法行為だ」と非難し、政府として対処する考えを示した。
空港の説明では、2機のドローンが目撃されたとの通報を受け、安全確保のため19日午後9時3分に滑走路を閉鎖した。20日もドローンが見つかり、運航の全面見合わせが続いている。英BBCによると、少なくとも午後7時(日本時間21日午前4時)までは再開できない見通しだ。
ガトウィック空港はヒースロー空港に次ぐ、英2位の規模の国際空港だ。20日は計760便、約11万人の乗客が出発を予定していたという。機材繰りの問題などで運航の混乱は21日も続く見通しだ。
英国では空港から1キロ以内の領域では、ドローンの飛行が法律で禁じられている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。