損保ジャパンなど 保険+ドローン飛行支援地図サービス「SORAPASS care」を販売

損保ジャパンなど 保険+ドローン飛行支援地図サービス「SORAPASS care」を販売

発表日:2018年12月5日
保険+ドローン飛行支援地図サービス『SORAPASS care』を販売
~飛行支援地図サービスと保険をセット化、ドローン飛行の安全を促進~

一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(所在地:東京都文京区、理事長:鈴木真二 以下「JUIDA」)、ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都文京区、社長:熊田 貴之、以下「ブルーイノベーション」)および損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長:西澤 敬二、以下「損保ジャパン日本興亜」)は、ドローン飛行支援地図サービスに保険をセット化した「SORAPASS care」を 12 月 5 日から販売します。

ドローン飛行の安全のためのドローン飛行支援地図サービスと保険に、手間をかけず同時に簡単に加入できます。また、業務利用・ホビー利用どちらもカバーするドローン保険は国内初となります。

1.背景・目的
「空の産業革命を拓く」とまで言われるドローンは限りない可能性を秘めていることから、さまざまな分野においてその利活用が急速に進んでいます。一方で、ドローンは自らの飛行情報を他者へ発信・共有する機能を備えておらず、ドローン同士の衝突や有人機との衝突による事故を防ぐためにも、ドローンの位置情報をリアルタイムで把握、共有することが喫緊の課題となっています。

JUIDA とブルーイノベーションは、飛行前に飛行禁止エリア、気象情報を確認でき、国への申請書・報告書の作成をサポートするドローン飛行支援地図サービス「SORAPASS」(WEB 版)を2016 年 5 月から提供していますが、このような背景から、ホビー・商用にかかわらずドローン利用者自らが自機の使用状況、緊急連絡先を発信し、他者と飛行エリアを共有する機能を新たに開発、損保ジャパン日本興亜が提供する保険とセット化し「SORAPASS care」をサービス提供します。

2.『SORAPASS Care』のメリット・特長
ドローン飛行支援地図サービスに保険をセット化することで、事故リスクの軽減が図れるだけでなく、ワンストップのトータルサービスを実現しました。

・自分の飛行エリアの発信、他機との飛行エリアの共有が可能なため、ドローン利用者同士や有人機、ドクターヘリ等ドローン利用者以外への情報提供ができ、事故を未然に防ぎます。

・飛行禁止エリア、飛行可能施設の最新情報を閲覧できます。

・【国内初】本サービスの保険では、業務用、ホビー用どちらの用途もカバーします。

・万が一事故が発生した場合でも、アプリ上に表示された事故連絡先に迅速に報告できます。

※Android 版は本日(12 月 5 日)から Google Play にて公開。iOS 版は 12 月 6 日から Apple Store にて公開。
サービス利用料金は 5,000 円/年(保険料込)です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。