文庫型ドローン「Hover 2」 ポップアップ式レーダー搭載し空を舞う

文庫型ドローン「Hover 2」 ポップアップ式レーダー搭載し空を舞う

スマートフォンインスパイア?

最近はカメラがポップアップするスマートフォンがいくつか登場していますが、その流行がドローン業界にやってきたのかもしれません。以前に折りたためるドローンで注目を集めたZeroZero Roboticsは、またしても文庫本のように折り畳めるドローン「Hover 2」のクラウドファンディングキャンペーンを開始しました。

Hover 2の特徴は、本体上部に自動で回転するポップアップ式の光学レーダー(Optical Radar)を搭載していること。この2つのセンサがー周囲360度の深度情報を読み取り、障害物検知に役立つのです。また2軸ジンバルに搭載されたカメラでは、4K解像度の動画撮影と1200万画素の静止画撮影が楽しめます。それにしてもこのギミック、かっこいい…

本体の折りたたみ機構などは前モデルから受け継がれていますが、折りたたみ部分を軽量ガードと取り替えることで、最大23分間の飛行時間を実現。またAI(人工知能)機能により人物を追いかけたり、自動でフレーミングを決めることも可能です。

Hover 2のキャンペーンはすでに資金募集に成功しており、現時点では399ドル(約4万5000円)の出資で入手可能。製品は2019年3月の出荷を予定しており、全世界への配送に対応していますよ。前モデルはアップル直営店でも取り扱われましたが、今モデルも世界中で人気となるのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。