ファミマ コンビニ商品ドローンで配送 岡山県で実験参加

ファミマ コンビニ商品ドローンで配送 岡山県で実験参加

ファミリーマートは16日、ドローン(小型無人機)による商品配送の実験に参加すると発表した。国土交通省や環境省が岡山県和気町で手掛けるドローンを使った配送実験に加わり、運搬する商品を提供する。期間は12月1~14日まで。同社がドローン配送の実験に加わるのは初めてで、過疎地での配送手段を探る機会とする。
ドローンは約10キロメートル離れた拠点間を1日1往復する。飛行時間は片道15分程度で、ドローンは主に河川の上空を飛ぶという。前日夜までに地域住民から注文のあったファミマ商品を配送する。日用品と常温で販売できる食品が対象となる。
コンビニエンスストアの商品をドローンで運ぶ実験は、2017年にローソンが楽天と組んで福島県南相馬市で実施している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。