ソフトバンク ドローンで橋など点検

ソフトバンク ドローンで橋など点検

ソフトバンクは7日、カメラを搭載した小型無人機ドローンを使い、鉄塔や橋、発電所などのインフラ施設を保守点検するサービスを来春に始めると発表した。人工知能(AI)が亀裂やボルトの緩みを検知する仕組みで、自治体やインフラ事業者に提供する。

ドローンで対象物の周囲を撮影し、位置情報を組み合わせることで実測値との誤差が数ミリ以下の3次元画像を生成、AIが画像を解析する。収集したデータから劣化や修繕の時期も予測する。

戦後建設された施設の多くが老朽化し、点検の必要性が増している。作業員不足の解消や維持管理の効率化に役立てる狙いがある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。