ドローンで無線器空輸訓練 孤立地域を救援へ

ドローンで無線器空輸訓練 孤立地域を救援へ

大規模災害で電話やインターネットがつながらなくなった孤立地域の救援のため、ドローンで無線機を運ぶ訓練が大竹市で行われました。

この訓練は、大竹市で行われた『広島県総合防災訓練』の一環で行われました。
訓練の想定は地震など大規模災害により、電話やインターネットがつながらなくなった孤立地域へ中国総合通信局の無線器を民間企業所有のドローンで空輸するものです。
現地に到着したドローンから住民役の担当者が無線機を受け取り、大竹市災害本部との通信環境を確保しました。

この訓練は、中国総合通信局が初の試みとして行い、自治体と民間企業との連携などが目的です。
総務省中国総合通信局 瀬高隆裕総括調査官】「今後一刻も早い人命救助や被害状況の把握につなげていきたい」

中国総合通信局では今後、実際の災害時に機能する態勢づくりを整えたいとしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。