わずか20g、スマホで自在に操縦できる超軽量ドローン「Moskito」

わずか20g、スマホで自在に操縦できる超軽量ドローン「Moskito」

革新的なスマートフォンガジェットを多く開発しているTobyRich社の「Moskito」。

わずか20gと軽量ながら、非常に壊れにくい飛行機型ドローン。スマホアプリの簡単操作で最大飛距離60m、まるで飛行機を操縦しているような感覚が味わえる。

ドローンで遊んでみたいけど、少し値段が張るし、すぐに壊れてしまった時のリスクが怖いという人にうってつけのプロダクトなのだ。

とにかく軽くて丈夫なとこがいい

「Moskito」の本体は発泡ポリプロピレンという発泡スチロールの1種でできているため、軽くて壊れにくいのが特徴。空中を飛ばす飛行機系ドローンは、どうしても墜落するため破損のリスクが伴うため慎重になってしまいがち。これなら心置きなく飛ばすことができるかも。

本体が20gと軽い上に、衝撃に強い素材を使用しているため、衝突による周りへの被害も最小限に抑えられる。

1回のフル充電でおよそ12分の飛行が可能。長時間外で遊ぶ際はモバイルバッテリーを持っていくことを強くおすすめする。

スマホを傾けるだけの簡単コントロール

飛行機の操作は専用スマホアプリを使って上昇と左右だけ。

程よいスピード感とスマホを傾けるだけの簡単な操作で、大人も子供も一緒になって楽しめるのではないだろうか。

慣れてくると、急上昇や旋回なども可能なようで、単純な操作ながら楽しみの幅は広く、長時間楽しめそう。

また、本体が非常に軽量のため、風の影響をもろに受ける屋外では、風向きを考慮して遊ぶのがポイント。風の影響を受けない室内で飛行機のコントロールを楽しむのも面白い。墜落してもそう簡単に壊れる心配のない「Moskito」は、初めてドローンを飛ばす人にも楽しめる一品ではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。