高度140メートルから弁当 ドローンが配送 商工会が実証実験

高度140メートルから弁当 ドローンが配送 商工会が実証実験

稲武商工会(愛知県豊田市)と楽天は1日、ドローン(小型無人機)を使った弁当配送の実証実験を行った。同市稲武地区の旅館から700メートルほど離れた公園に2つの弁当を届けた。高齢者の買い物や災害時の物資配送に役立つと期待されている。
実証実験では、来賓の大村秀章知事が楽天の専用アプリで旅館に弁当を注文。ドローンは弁当を載せて地上から140メートルほどの高度を飛び、目的地の公園に到着した。全地球測位システム(GPS)などを使って自動で制御されている。
今回は旅館と公園の間にある山を越えるルートを飛行し、注文から約5分で同知事らに弁当を届けた。
稲武商工会は2017年、ドローンによる物資・物品配送に向けた実行委員会を設立。楽天と共同で実証実験を重ねている。大村知事は「ドローン配送の課題が明らかになれば、国に規制緩和を働きかけたい」と述べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。