ドローンが飛行機に正面衝突すると何が起きるか 実験したらこうなった

ドローンが飛行機に正面衝突すると何が起きるか 実験したらこうなった

2017年のある日、ニューヨークでひとりの男性がドローンを飛ばしていた。このとき辺り一帯は、一時的に夜間飛行禁止区域となっていた(大統領が国連総会で市内に滞在していたためだ)。しかし、彼はそのことを知らず、2分以内にドローンを着陸させなければ、日が暮れて規則違反になってしまうことに気づいていなかった。

飛行するドローンの恐ろしさがわかる動画はこちら

そのとき、彼が操作していたDJIの「Phantom 4」は、もはや肉眼では見えない2.5マイル(約4km)離れた場所を、高度300フィート(約91.4m)で飛行していた。このため、米陸軍のヘリコプター「ブラックホーク」に危険なほど近づいていたことに、彼は気づかなかった。結局、彼のドローンはヘリコプターと衝突し、粉々に砕け散ってしまった。

ヘリコプターのほうは幸運にも、回転翼などにいくつかの傷が付いた程度で済んだと、米国家運輸安全委員会は報告している。ヘリコプターの乗組員は安全に帰還し、この衝突事故で命を落とすことはなかった。しかし、まさにこのような事故が、米国の空を飛ぶドローンの急増について航空関係者が懸念する理由となっている。

飛行するドローンの恐ろしさ

オハイオ州にあるデイトン大学研究所で衝突物理学の研究責任者を務めるケヴィン・プアマンが、DJIのドローンを長さ40フィート(約12.2m)の空気砲から発射したのも、こうした事故を想定してのことだった。

プアマンが研究しているのは、ある物体と別の物体が高速で衝突したときに起きる事象だ。例えば、装甲車両がもつ実際の装甲性能をテストしたり、秒速4マイル(約6.44km)で移動するスペースデブリが宇宙船に衝突するときのインパクトを調べたり、飛行機をバードストライクから保護する航空機メーカーの取り組みを支援したりしている。

米国では毎日40,000機を超えるドローンが空を飛んでいる。その影響を懸念したプアマンは18年夏、愛好家たちのドローンが飛行機にもたらす危険性を直感的に理解できる映像を制作することにした。

「わたしたちは、さまざまなタイプの物体を実際に飛ばすための設備をもっています。ドローンを飛ばして何が起きるのかを調べるくらい、わけのないことです」とプアマンは言う。彼は今回、米国UAS(無人航空システム)トレーニング認定センターの協力を得て、DJIのクアッドコプター「Phantom 2」と、小型プロペラ機「Mooney M20」を借り受けた。

プアマンはこのテストのために、研究室にある最も大きな鋼鉄製の空気砲を使うことにした。重さは2,800ポンド(約1.27トン)、口径は12インチ(30.48cm)だ。この空気砲にドローンを装填し、長さ40フィート(約12.2m)の砲身から勢いよく発射した。

圧縮空気の力で押し出されたドローンは、時速238マイル(同約383km)の速度で飛んで行ったという。この速度は飛行中のドローンの速度と、着陸態勢に入った飛行機の速度を合わせたものとほぼ同じだ。そして発射からおよそ300分の1秒後、ドローンはプロペラ機の主翼に衝突した。

ドローンはプロペラ機の主翼に正面から衝突すると、主翼を突き破ってその内部に食い込んでいった。まるで、チョコレートムースにスプーンを刺したときのようにだ。

「ドローンは、(主翼の)前面を突き破って穴を開けました」とプアマンは説明する。そして主翼の奥深くまで入り込み、スパー(主翼の中にある細長い骨組み)をへこませた。「スパーは飛行機の全重量を支えています。そのスパーが大きく損傷すれば、おそらく、生き延びることはできないでしょう。飛行機は墜落するはずです」

ドローンが増えるほど高まるリスク

比較のためにプアマンは、「鳥を模した物体」も、主翼にぶつけてみた。その物体とはピンク色をしたゼラチンの塊である。これはドローンよりも広い範囲に損傷を与えたが、翼の奥深くに食い込んで内部にダメージを与えることはほとんどなかった。

ちなみに本物の鳥ではなく偽造品を使ったのは、授業の一環として主翼の修復を行うことになっていた学生たちに配慮したためだ。「(鳥の亡骸を)除去するのはとても大変ですし、ひどい体験になるでしょうから」とプアマンは語る。

Mooney M20は設計上、商用ジェット旅客機と同じレヴェルの安全要件を満たしているわけではない。だが、主翼の構造や厚みは、大型旅客機とほぼ同じだとプアマンは言う。彼が行ったテストは1回だけだったが、ドローンの数が増えるほどリスクが高まる可能性があることを予感させてくれる。

米連邦航空局によると、18年の4月~6月に航空機のパイロットが見かけたドローンの数は800機近くに上ったという。これらのドローンがすべて飛行禁止区域を飛んでいたわけではないが、その数の多さを考えれば、冒頭のような事例がますます増えることは間違いない。

「ドローンはわたしたちの未来であり、肯定的な影響をもたらしてくれるはずです」と、プアマンは語る。「わたしたちはドローンが不用意に使われればどういうことが起こりうるのかを常に意識し、注意深くなるしかありません」

ブラックホークのパイロットが体験したように、いまは不注意な人たちも簡単に空の世界に参加できるようになった。そして、パイロットたちを空から突き落とすことになりかねないのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。