果樹園のリンゴ守る ドローンでカラス撃退 諏訪市が実験

果樹園のリンゴ守る ドローンでカラス撃退 諏訪市が実験

長野県諏訪市は4日、市内の果樹園でドローン(小型無人機)を使ってカラスの追い払い実験をする。ドローンにカラスが嫌がるプレートをつり下げて飛行する。同市によると、毎年カラスによる収穫前のリンゴの食害が甚大だ。ドローンで効果を検証し、今後の対策に活用する。
実験はドローンスクールを運営するスカイシープロジェクト(諏訪市)に委託する。既に果樹園にはカラス撃退用のプレートを設置して効果を測っている。
同市はこれまでも2017年12月に、カラスの追い払いでタカを使用するなどカラス対策を強化している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。