TOKAIコム、技術や人材交流で提携、トリプルアイズと。

TOKAIホールディングスの子会社で通信サービスを手掛けるTOKAIコミュニケーションズは14日、IT(情報技術)ベンチャーのトリプルアイズ(東京・千代田)と資本業務提携したと発表した。
技術や人材の交流を通じ、システム開発や新規事業の展開を加速させる。
TOKAIコムがトリプルアイズの発行済み株式の4%を取得した。取得額は公表していないが、1億~2億円程度とみられる。
両社はこれまでも大手システム会社からの受託開発などで協力していた。今後は連携をさらに強め、相乗効果の創出を狙う。
トリプルアイズは人工知能(AI)やあらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」、ブロックチェーン(分散型台帳)などの技術を使い、決済システムやドローン(小型無人機)制御システムの開発に強みがある。
こうしたノウハウとTOKAIコムが持つインフラ基盤を組み合わせ、事業拡大につなげる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。