複数ドローン、安全飛行、サイバー攻撃から守る新技術、パナなど、ネットの暗号化応用。

パナソニックやドローン開発のプロドローン(名古屋市)などは、飛行中のドローン(小型無人機)をサイバー攻撃から防御する技術を開発した。インターネットで使う暗号技術を応用し、手間をかけずに複数のドローン間でセキュリティーの高いネットワークを構築する。実際にドローンを飛ばしてネットワークの安全性を確認する実証実験をしており、早期の実用化を目指す。
物流や警備でドローンを活用するには、機体と地上側のパソコンの間でセキュリティーが高いネットワークを構築する必要がある。外部から悪意のあるハッカーが侵入し、飛行中のドローンが乗っ取られたり、撮影データを盗み見られたりする危険があるためだ。
現在は飛行前にパソコンとドローンを有線ケーブルやUSBメモリーで接続し、通信を暗号化するルールを共有する方法が取られている。ただ、この方法だと利用するドローンの台数が増えると手間がかかる。離れた場所にいるドローンをネットワークに組み込めない問題もある。
新技術はパナソニックとプロドローン、国立研究開発法人の情報通信研究機構(東京都小金井市)の共同研究チームが開発した。インターネットでクレジットカード情報の伝送などに使われる「TLS」と呼ぶ暗号通信技術をドローンでも使えるように専用ソフトを開発した。ドローンと地上側を無線でつなぐだけで暗号化ルールを共有でき、安全なネットワークを構築できる。
地上側にはランダムな数字を出力する「物理乱数源」と呼ぶ電子機器を用意し、暗号化のルールを複数作るようにした。ルールは一回限りの使い捨てで、各ドローンと地上間では通信のたびに異なるルールを使って情報をやり取りをする。同じルールを使い回さないことで、高いセキュリティーが確保できる。
まずコンピューターのシミュレーションで、新手法が正常に動作することを確認。さらに実機を使った実験で技術の信頼性を高める。複数のドローンを飛行させる際のセキュリティーは世界的に規格を共通化する動きがある。パナソニックなどは先行してセキュリティー技術を開発し、規格への採用を目指す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。