ドローンニュース インフラ点検 赤外線カメラ活用

ドローンニュース 県は県有施設の建物劣化調査に、赤外線カメラを搭載した小型無人機(ドローン)を導入した。壁の亀裂など修繕が必要な箇所を職員が屋根などから目視で確認していたが、調査の精度と安全性が高まる。県有施設の老朽化が深刻化しており、破損が軽微なうちに修繕する予防保全を的確に進めて、維持更新の経費削減を図る。  予算50万円で購入し、2017年12月に運用を始めた。ドローンは通常のカメラと赤外線カメラを付け替えられる。県によると赤外線カメラ搭載ドローンを活用するのは全国で初めてという。

ドローンニュース 電力会社のインフラ点検

電力会社が鉄塔など送電インフラの保守・点検に新技術の導入を着々と進めている。ドローンによる撮影や金属腐食の自動診断技術だ。作業の効率化や安全性の向上につなげる狙いがある。コスト削減を目指すだけでなく、ベテラン技術者の息の長い活躍にもつながりそうだ。  ブーンというプロペラの音が高まると、ドローンが鉄塔の上部まで飛んでいった。高さ50メートル程の頂上部まで、ほんの数秒だ。操作は合計3人で行う。ドローン本体の操作と、画像の撮影、風速の計測など全体を見渡し安全に気を配る担当だ。